×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

20代後半の女性の転職

新しい職種を希望するとき

20代,後半,女性,転職,

20代後半の女性が転職しようと思ったとき、まず、今まで自分がやったことのない職種か、それとも今まで職種したことのある仕事か、のどちらかの仕事を選ぶか迷う傾向があります。新しい職種への転職を希望する場合にいちばん悩むのが、「未経験可」と就職情報誌に書かれていても、ある程度のスキルは必要ではないのか、どのくらいできればいいのか、まったくできなくても構わないのか、ということです。20代後半の女性なら、新しい職種にチャレンジすることはさほど難しくありません。

 

ですが、例えば、これまでの職種が営業職だった場合、転職先も営業職にするべきか、それとも事務職でも勤まるのか、と悩んでしまう人は多いです。次の職種も営業職を希望していたら、さほど迷うことなく新しい職場の面接に向かうことができますが、事務職を希望した場合、たとえ「未経験可」と表記されていても、採用されるかどうかためらってしまうのです。趣味程度でパソコンを扱える人は、自分のパソコンスキルでも通用するかどうか判断がつきません。そういうときは、自分がどの程度パソコンを使えるかということを把握し、しっかりアピールできることが大切です。

 

 

まずは、希望する職種に面接に行く場合、自分がその職種でどれくらいのことをできるか、を説明できるようにしましょう。

 


仕事を選ぶ基準

転職を希望するとき、仕事を選ぶ基準も迷ってしまいます。

20代後半の女性なら特に、これから先の自分のライフスタイルを考えた仕事を選ぶのが理想です。今独身の女性は、これから先、結婚して生活が大きく変わる可能性があります。また、既婚女性は、子供が生まれるかもしれません。もちろん、現在のようにずっと独身のままや子供を持たない生活が続くことも考えられます。もしも転職後、その仕事をずっと続けていきたいと思ったら、仕事を選ぶ基準を絞りましょう。

 

大まかにわけて、2つのことを念頭に入れておくと、ライフスタイルが変わっても臨機応変に対応できます。

 

まずひとつめが、産休制度がしっかり整っていて、その会社で実際に産休制度を利用した人がいる会社です。産休制度がしっかりしていれば、これから先、子供ができてもまた同じ会社で働くことが可能です。実際に利用していた人がいれば、その会社は産休制度を利用しやすいということがわかります。

 

ふたつめは、結婚や出産、子育てで退職せざるをえなくなった場合、再就職できるほどの高いスキルが身につけられる会社を選ぶことです。ライフスタイルが大きく変わり、転職や再就職をする場合、今までのスキルが活かせると新しい仕事は探しやすいからです。

派遣会社に登録する

もっとやりがいのある仕事がしたい! と思っても、自分のスキルは他の会社でどのくらい通用するのか、なかなか自分では判断がつきません。また、もっと専門的なスキルが欲しい! と思ったり、今まで経験したことのない職種の仕事がしたい! と思った場合、希望に沿った仕事につけるために派遣社員になる、という選択もあります。

 

派遣会社に登録すると、自分の希望を細かく伝えることができ、それにあった企業を派遣会社の社員が探してくれますので、今まで自分が知らなくて、かつ自分の希望に沿った企業が見つかるかもしれません。仕事を探しているんだけど、なかなかいい仕事が見つからない、という人にも派遣会社に登録するのはオススメです。

 

例えば、派遣会社のウーマンウィルは、女性の立場から女性のキャリアアップをサポートし、希望に沿った求人紹介したり、面接の設定から様々な交渉までを代行したりしています。

 

ウーマンウイルの派遣コーディネイターはすべて女性なので、男性には言いにくいことも気兼ねなく相談することができます。

 

転職前だけではなく、働き始めた後のアフターフォローもしっかり行っているので、転職したいけど不安がたくさんある……と思っている人に、とてもオススメの派遣会社です。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


派遣社員から正社員へ

派遣社員として企業で働き、自分のスキルアップが図れていったとしても、低い給料水準や低待遇に悩む人も多く、正社員になりたいと考える人は少なくありません。そんな人には、まずは派遣社員として一定の期間働き、職場と自分の双方が承知したら正社員に切り替えられる「紹介予定派遣制度」のある派遣会社をオススメします。

 

一生懸命頑張ってるのに正社員にはなれないとか、ずっとこの会社で働きたいのに、という場合、紹介予定派遣制度を利用できたら不満や悩みは解消されます。また、未経験や経験不足の人には、そこの企業で実際に働きながらスキルが身につき、正社員になれる可能性があると、ますますやりがいも出てきます。

 

20代後半の女性は、いつどこで自分のライフスタイルが変わるかわかりません。仕事内容だけではなく、企業での働きやすさも実際にそこで働いてみないとわかりません。正社員で転職して、やっぱり他の企業にすればよかったと後悔するより、派遣社員として働きやすい職場かどうか見極める方が女性に適した仕事探しといえるでしょう。

 

「紹介予定派遣制度」は、テンプスタッフやスタッフサービス、インテリジェンスなどの派遣会社で積極的に行われています。

結婚後の転職

転職は結婚前か結婚後かと迷う20代後半の女性は、結婚する前に転職しておくことをオススメします。何故なら、一般的に結婚してからの方が出産や育児がネックとなり、転職活動が難しくなるからです。大手企業の方が、育児休暇の充実など既婚女性が働きやすい環境にありますが、そこでずっと働いているから制度が活用できるのであって、転職してそういった企業に入社するのは難しいのが現実です。また、実力を重視するベンチャー企業では、まだ実績が少ないため、産休や育児休暇を積極的に利用しづらい環境です。なので、既婚してから転職活動を行うより、独身の間に転職をしておく方が、採用はされやすいのです。

 

ただ、女性の活躍に力を入れている化粧品・アパレル・外資系企業などでは、結婚している女性よりも独身の女性を採用するというケースは減ってきています。もしも自分の希望する企業が女性の実力を重視している会社なら、結婚してから転職チャレンジしても既婚が不利になることはありません。ただし、転職は結婚前か結婚後か迷っても、20代後半の女性なら、子供ができる可能性やできてからどうするのかを面接で必ず訊かれます。転職で精一杯で子供のことまで考えられないと思っていても、働いた後育児はどうするかまで考えて、面接に挑んだ方がいいでしょう。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


20代後半の女性の転職エントリー